「au ひかり」の記事一覧

au ひかりはSo-netで申し込むのが一番お得

au ひかりは、もちろん時期にもよりますが、現在はSo-netで申し込むと最もよいでしょう。

キャンペーンを比較すると分かりますが、So-netの提供しているキャンペーンは大抵トップレベルです。

なぜなら、恐らくは、キャンペーンの原資となっている支援金がSo-netが最も多いためのようです。これは、So-net経由でのauひかりの申し込み数が他社プロバイダーよりも多いことが背景にあるようです。

まずは料金とキャンペーンの全体像を抑えよう

複雑怪奇な光ファイバーやモバイルサービスの料金。

定価だけでも分かりにくいのに、さらにそこに、超複雑なキャンペーンが適用されると、一体、いつ、いくら支払うのか、誰にも理解することができません。

そこで、まずは料金とキャンペーンの全体像の解説からしてみたいと思います。

細かいことや例外はいろいろありますが、料金にしろ、キャンペーンにしろ、2×2のマトリックスで説明することができます。

まずは思い出して頂きたいのが、プロバイダーと回線事業者の関係です。下はフレッツの場合の例ですが、回線事業者とプロバイダーに分かれています。料金もキャンペーンも、まずは回線事業者とプロバイダーに分けることができます。

kaisen

料金は4つに分解できる

料金についてですが、料金はどんなサービスも、初期費用と月額費用に分けることができます。つまり、プロバイダーと回線事業者ごとに、初期費用と月額費用が発生します。

例えば、こんな項目が該当します。

初期費用 月額費用
プロバイダー  プロバイダー月額基本料金
回線事業者 契約料
初期工事費
 回線月額基本料金

キャンペーンも4つに分解できる

キャンペーンも同様に、4つに分類することができます。

特典というのは、キャッシュバックやポイント、タブレット等機器プレゼントなど、ワンショットで受け取れるもので、これは主にプロバイダーが提供しています。

月額割引は、プロバイダーと回線事業者両方が提供していて、●●ヶ月無料や、●●ヵ月間●●円引きのような形になります。

例えば、こんな項目が該当します。

特典 月額割引
プロバイダー キャッシュバックなど  プロバイダー月額割引
回線事業者  回線月額割引

重要なポイントは、プロバイダーが提供するキャンペーンは特典であっても、月額割引であっても、回線事業者から提供される支援金が原資になっていることです。各プロバイダーはキャンペーン合戦を続けているうちに、すっかり過熱してしまっていて、現在では、各社支援金はキャンペーンでほぼ使い切ってしまっている状態です。

また、回線のキャンペーンについては、どのプロバイダーでも共通しているため、ここではまったく差がつきません。差がつくのはプロバイダー側の特典と月額のキャンペーンになります。

光ファイバーの工事費は身代金のようなもの

光ファイバーの料金を複雑にさせている要因の一つが、この工事費でなのですが、この工事費は、ちょっと乱暴な言い方をすると、身代金のようなものです。

工事費は、通常は2~3万円の費用がかかりますが、たいていどの回線事業者も、同額に近いキャンペーンを充てることで、実質ほぼ無料としています。

例えば、フレッツ東の戸建ての場合、以下のようになっています。

工事費:25,200円(840円/月×30回)
割引:開通月翌月から30ヶ月NTT月額利用料から735円を割引

工事費は、25,200円発生して、それが30回の分割支払いになっていますが、そこにぶつけるように同期間の割引が適用されて、実質100円/月程度の負担になっています。

ところが、30か月以内の分割払いの期間中にフレッツ光を解約しようとすると、工事費の残額を一括で支払う必要があるのです。これが人質たるゆえんです。

この仕組みは、au ひかりであろうが、NURO 光だろうが、ほとんど同じ仕組みになっています。

auひかりはこんな人にお勧め

auひかりはこんな人にお勧めです。

auのスマートフォンを使っている人

お勧めできる人は、まずauのスマートフォンを使っている人です。auのスマートフォンを使っている人であれば、auスマートバリューが適用されますので、割引幅が大きくなります。

auスマートバリュー

特にNTT東エリアで高速通信を利用したい人

2014年1月現在、NTT東エリアでのフレッツの最大速度は200Mbpsです。一都六県であればNURO 光が利用できるかもしれませんが、それ以外のエリアでは、au ひかりの速度が頭一つ抜けています。

base

フレッツ光、auひかり、NURO 光の比較

以下が、フレッツ光とauひかりの比較表です。料金については毎月変動しているため、単純な比較は難しいので、それ以外の比較となります。

フレッツ光 au ひかり NURO 光
速度(戸建) 東:下り最大200Mbps
西:下り最大1Gbps
上下最大1Gbps 下り最大2Gbps
上り最大1Gbps
速度(集合) 東:下り最大200Mbps
西:下り最大1Gbps
上下最大100Mbps 下り最大2Gbps
上り最大1Gbps
固定電話 あり あり あり
テレビサービス フレッツ・テレビ なし なし
スマホ割引 なし auスマートバリュー スマホBB割

フレッツには、フレッツ・テレビという最大の武器があり、これは通常のアンテナのテレビサービスの代替になるものです。しかし、法律で規制されているため、スマートフォンとの割引サービスは絶対に提供できません。

auひかりの場合は、ビデオ・チャンネルのサービスがありますが、これはあくまで映画やスポーツなどの番組をオンデマンドで視聴できるサービスですが、通常のテレビは受信できません。しかし、auスマートバリューという、最大の割引制度があります。

NURO 光は、下り最大2Gbpsという、他社を寄せ付けない速度が最大の売りで、スマホBB割もあります。しかし、auひかり同様、テレビサービスはありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ