「フレッツ光」の記事一覧(2 / 3ページ)

フレッツ光、auひかり、NURO 光の比較

以下が、フレッツ光とauひかりの比較表です。料金については毎月変動しているため、単純な比較は難しいので、それ以外の比較となります。

フレッツ光 au ひかり NURO 光
速度(戸建) 東:下り最大200Mbps
西:下り最大1Gbps
上下最大1Gbps 下り最大2Gbps
上り最大1Gbps
速度(集合) 東:下り最大200Mbps
西:下り最大1Gbps
上下最大100Mbps 下り最大2Gbps
上り最大1Gbps
固定電話 あり あり あり
テレビサービス フレッツ・テレビ なし なし
スマホ割引 なし auスマートバリュー スマホBB割

フレッツには、フレッツ・テレビという最大の武器があり、これは通常のアンテナのテレビサービスの代替になるものです。しかし、法律で規制されているため、スマートフォンとの割引サービスは絶対に提供できません。

auひかりの場合は、ビデオ・チャンネルのサービスがありますが、これはあくまで映画やスポーツなどの番組をオンデマンドで視聴できるサービスですが、通常のテレビは受信できません。しかし、auスマートバリューという、最大の割引制度があります。

NURO 光は、下り最大2Gbpsという、他社を寄せ付けない速度が最大の売りで、スマホBB割もあります。しかし、auひかり同様、テレビサービスはありません。

プロバイダーを乗り換える場合はどうすればよいのか?

フレッツの場合、フレッツ回線を引いた後、プロバイダーだけを変更する、いわゆる「プロバイダー乗り換え」が可能です。下の図でいうところの、フレッツの部分はそのままに、プロバイダーの部分だけ変更する分けです。

nttmap-norikae

以降、プロバイダー乗り換えの際の注意点を解説したいと思います。

乗り換えても速度は変わらない

プロバイダーを変えたら遅くなった/早くなった!というのは、ほとんどの場合勘違いで、どのプロバイダーで利用しても、速度は変わりません。例えるならば、どのプロバイダーは高速道路のETCの入口のようなものであって、それぞれは違う出入り口でも、結局は同じ高速道路を走る訳ですから、速度は変わらないわけです。

014

タイミングが重要。早すぎても、遅すぎてもNG。

プロバイダーを乗り換える場合は、タイミングが重要になってきます。

早めに現在利用しているプロバイダー部分を解約してしまうと、接続できなくなってしまうため、乗り換え先プロバイダーの利用開始月と、現在利用しているプロバイダーの解約月は同じになるようにしましょう。

norikae-timing

現在利用しているプロバイダーの解約が早すぎると、利用できない期間が発生してしまいますし、遅すぎると、二つのプロバイダーに二重に支払をする必要が出てきてしまいます。

一部のプロバイダーを除いて、キャンペーンは適用されないことが多い

プロバイダー乗り換えをしたい、と思う人たちの動機の一つは、キャンペーンだと思います。

高額なキャッシュバックなどのキャンペーンを数年おきに貰って、インターネットの月額利用料を下げよう、という試みです。しかし、世の中そんなにおいしい話があるわけではなく、フレッツのプロバイダー乗り換えの場合、一部のプロバイダーを除いて、キャンペーンは適用されないことが多いのが現状です。

以下は、biglobeのフレッツのキャンペーンの条件です。プロバイダー経由で新規開通したものしか、対象になっていないことが分かります。

対象者
対象期間中に、本ページまたは「BIGLOBE 電話で入会センター」にて、BIGLOBE光パックNeo with フレッツ「フレッツ光」コースにお申し込みまたはコース変更をし、2014年7月31日までに新規にフレッツ光回線が開通された方が対象となります。ただし、すでにフレッツ光回線をご契約中の方および、NTT東日本またはNTT西日本にてキャンペーンが適用外となった場合は、本特典の対象外となります。

時期にもよりますが、大手プロバイダーの中では、So-netだけが例外で、プロバイダー乗り換えであっても、定常的に10,000円近くのキャンペーンが適用されます。

こんな人にフレッツは向いています

今や、特に東日本では、速度面では他社サービスに見劣るするようになってしまっているフレッツですが、こんな方は、フレッツを利用するのに向いています。

テレビをインターネットで見たい人

速度面では競争優位のないフレッツのサービスですが、歴史のあるサービスのため、オプションサービスが充実している点は、特筆するべきポイントでしょう。

中でも、「フレッツ・テレビ」は、他社がまだ提供できていないサービスの一つです。

fletstv

「フレッツ・テレビ」は簡単に言うと、アンテナの代わりにフレッツ回線を利用して、地上/BSデジタル放送が受信できるようになるサービスです。これから注文住宅等で、新築で家を建てる方は、テレビをどのように映すのか、アンテナとフレッツ・テレビ2つの選択肢があることになります。ただ、それぞれにメリット・デメリットがあるので、よく注意する必要があります。

フレッツ・テレビ アンテナ
メリット ・初期費が安い
・BS/スカパー視聴可能
・月額不要
デメリット ・月額680円がかかる ・初期費高い(5万円前後)

NTTの固定電話を使っている人

フレッツは、NTTのサービスですので、NTTの固定電話を使っていれば、インターネットの請求も、固定電話の請求にまとめることができます。

こんなご時世ですので、あまりいろいろなところから請求が来るのは、セキュリティの面からも不安があるかもしれません。そんな場合は、フレッツであれば安心ですね。

ktel06


フレッツの新規申込みは手厚いキャンペーンのbiglobeがお勧めです。

フレッツ光とは

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本が提供する、光ファイバーのサービスのことです。

フレッツ光は、国内ではシェア75%で、最も利用されているFTTH のサービスです。高いシェアが示すように、対応エリアは全国となっていて、最も広い範囲をカバーしているのがこのフレッツになります。

フレッツ

実は、あまり生活しているとピンときませんが、今までNTTは莫大なお金を使って、日本全国に光ファイバー網を張り巡らしていて、その恩恵をフレッツという形で受けていることになります。

NTT東西とフレッツのサービス

このフレッツですが、とにかく理解するのが難しいのですが、まずはエリアから簡単に確認してみましょう。フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本がそれぞれ提供しています。

東西のエリアはどうなってるの?

NTT東日本とNTT西日本の区分けは以下のようになっています。今住んでいる人が利用する分には、それほど迷うことはないと思いますが、引っ越しする人は、特に東西の境目の場合、確認が必要かもしれません。
nttmap

東西で提供しているサービスは違うのか?

NTT東西では、同じようなコースを提供していますが、価格も速度も違う、異なるものです。

NTT東日本

コース 下り最大速度 上り最大速度
戸建向け:フレッツ光ネクスト ファミリータイプ 最大200Mbps 最大100Mbps
集合住宅向け:フレッツ 光ネクスト マンションタイプ 最大200Mbps 最大100Mbps

NTT西日本

コース 下り最大速度 上り最大速度
戸建向け:フレッツ 光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼 最大1Gbps 最大1Gbps
集合住宅向け:フレッツ 光ネクスト マンション・スーパー ハイスピードタイプ隼 最大1Gbps 最大1Gbps
サブコンテンツ

このページの先頭へ