「プロバイダーとの関係」の記事一覧

プロバイダーの選び方

プロバイダーとの関係はどうなってるの?

フレッツのサービスは、OCN、biglobe、nifty、So-net など大手のプロバイダーに行くと、どこでも申し込むことができますし、もちろん、NTT東日本とNTT西日本それぞれのサイトに行っても、申し込むことができます。

よく知らない人が見ると、OCN、biglobe、nifty、So-netそれぞれのプロバイダーで取り扱っているフレッツは、同じサービスなのか、それとも同じような名前のついた、別のサービスなのか、非常に分かりにくいと思います。しかも、以下のようなサービス名がそれぞれつけられていますが、ネーミングセンスの問題か、とにかく名前も分かりにくい。

・OCN 光 with フレッツ
・BIGLOBE光パックNeo with フレッツ
・@nifty光ライフ with フレッツ
・So-net 光 with フレッツ

結論から言いますと、それぞれのプロバイダーで提供しているフレッツのサービスは、光ファイバーのサービスという意味では、まったく同じものになります。

以下の図を見てみて下さい。自宅からプロバイダーまでの線がフレッツとなっていますが、この線が光ファイバーの部分になり、その先で、各プロバイダーがインターネットへの出入り口をつなぐサービスを提供しているのです。

nttmap

なぜこんな面倒な仕組みになっているのかというと、国がこのような仕組みで運営するよう、規制をかけているからです。(利権は、民間企業にも分配しましょう、ということだと個人的には理解しています。)

従って、同じフレッツの光ファイバーサービスを利用している限り、OCNだろうが、biglobeだろうが、niftyだろうが、So-netだろうが、まったくサービスの違いはありません。

「OCN の時は早かったけど、niftyになって遅くなった!」

なーんてことはあり得ません。もちろん、プロバイダー側の出口で詰まる、ということがない訳でないないと思いますが、大手プロバイダーの場合は、出入り口には、どこもモンスター級のゲートを持っていますので、サービスの品質にほとんど違いはありません。

NTTから申し込むのと、プロバイダーから申し込むのはどちらがよいのか?

先ほど、フレッツのサービスは取扱いプロバイダーでも、NTT東日本とNTT西日本でも、申し込むことができる、とお話ししましたが、NTTから申し込むのと、プロバイダーから申し込むのはどちらがよいのでしょうか?

結論から言いますと、絶対に、プロバイダーから申し込みましょう。プロバイダーから申し込んだ方が、絶対にお得です。なぜなら、プロバイダーから申し込んだ方が、より手厚いキャンペーンがついてくるからです。

実は、私たちがプロバイダーからフレッツを申し込むと、NTT東西から見ると、プロバイダーの「ご紹介で」フレッツの契約が取れたことになります。するとNTT東西から各プロバイダーには、「支援金」という名前の紹介料が入る仕組みになっているのです。金額は、条件によってまちまちですが、単位は数万円/件 といったところです。

各プロバイダーがこれらの支援金をどうするかというと、ほぼ全額をユーザー向けのキャンペーンの原資に充ててしまうのです。●●万円キャッシュバック!といった太っ腹キャンペーンの原資は、実は、NTT東西などの通信事業者の支援金が裏側にある訳です。

プロバイダーの選び方

どのプロバイダーで申し込んでも、まったく同じフレッツ回線ならば、一体どのようにプロバイダーを選んだらよいのでしょうか?

プロバイダーを選ぶポイントは、3つあります。

1.キャンペーン

まずキャンペーンについてですが、まったく同じサービスならば、キャンペーンが手厚い方がいいですよね。

2.オプションサービス

各プロバイダー、セキュリティやサポートサービス、モバイルなど、いろいろなオプションサービスを提供していて、中には接続サービスと同時申込限定でのキャンペーンなどを実施している場合もあります。

3.サポート

とにかく分からないことやトラブルが多いインターネット接続サービス。しっかりとしたサポートを提供してくれるところがいいですよね。実際には比較するのは至難の業ですが。。


フレッツの新規申込みはキャンペーンの手厚いbiglobeがお勧めです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ