「NURO 光の料金とひかり電話」の記事一覧

光ファイバー中、最も分かり易いNUROの料金設定

光ファイバーサービスの料金設定は、通常、信じられないくらい複雑怪奇です。

フレッツの場合、回線事業者とプロバイダーで分かれていて、さらにそれぞれが戸建と集合住宅に分かれ、それぞれに複雑な月額割引のキャンペーンがつき、そこに、さらにキャッシュバックなどの特典や工事費の減額などが合いまみれると、一体、いつ、いくら、何の費用を支払っているのか、もう誰も理解できない恐ろしい世界が待ち受けています。

それらと比較すると、NURO 光の価格設定は、非常にシンプルです。

定価で、月額4,980円。

以上。

戸建も、集合住宅も同じ値段。

回線事業者とプロバイダーの料金は一体。

電話サービス以外のオプションサービスは標準装備。

h_price_set

実際には、工事費の分割支払いが30か月発生し、さらにその分を同じ期間のキャンペーンでそっくり返金していますので、30か月間は明細は分かれていますが、4,980円ぽっきりです。

So-netのサイト上での説明
h_price_hyo01

以下が、実際に僕が支払っている明細です。合計すると、4,980円になります。:)

nuropricedetail

NURO 光の月額をさらに下げる秘訣!スマホBB割を適用する

NURO 光には、月額をさらに下げる秘訣があります。それは、スマホBB割を適用することです。

スマホBB割は、ソフトバンクがauスマートバリューに対抗して開始した、スマホとブロードバンドサービスのセット割引のことです。

smahobbwari

上の図では、「対象の固定通信サービス」とありますが、NURO 光は、この「対象の固定通信サービス」の一つになっています。

なぜこうした仕組みが可能になっているかというと、オプションサービスになっている「NURO 光 でんわ」は、ソフトバンクの固定電話サービスを利用しているからです。

hp_top_01_sb

スマホBB割の適用までの流れ

NURO 光の利用者が、スマホBB割を適用されるための条件と流れです。ちょっと面倒です。

■ 前提:
・ソフトバンクのiPhoneを利用している
・NURO 光が開通している

■ 流れ:
1.NURO 光と一緒に「NURO 光 でんわ」を申し込む
2.NURO 光を開通させる
3.So-netのコールセンターに電話して、「ホワイトコール24」の申込み書を取り寄せる
4.ホワイトコール24の申込書をSo-netに送る。⇒ 1週間程度で申し込み完了
5.ソフトバンクショップに行き、「スマホBB割」を申し込むと、その場で手続き完了です

ホワイトコール24の申込書は、コールセンターに連絡すると、3日くらいで用紙が郵送されてきます。
IMG_4090

最終的には、以下のような月額になります。

NURO 光4,980円 + 電話525円 - スマホBB割1480円 = 月額4,025円

最大2年間ですが、ナイスですね~。



サブコンテンツ

このページの先頭へ