「WiMAX (ワイマックス)」の記事一覧

WiMAX と WiMAX2+を比較して分かる、メリット・デメリット

WiMAX2+が出た今、WiMAXを購入するべきかどうか、悩んでいる人もいると思いますが、WiMAX2+がどのようなサービスなのか、通常のWiMAXと比較するのが最も分かり易いと思います。

WiMAX2+の最大のメリットは110Mbpsですが、実は対応エリアがまだ狭い状況なので、首都圏以外は、実際には通常のWiMAXとほぼ同じと考えてよいでしょう。さらに、25か月縛りというところが痛いところです。

ただ、WiMAX2+はKDDIのauスマートバリューが適用されます。KDDIの携帯を持っている人は、auスマートバリューの分だけメリットがあります。

WiMAX WiMAX2+
最大速度 40Mbps 110Mbps
基本使用料 3,800円 4,405円
月額割引 なし 25か月間525円
速度制限 なし あり
最低利用期間 12か月 25か月
解約違約金 9,975円 ~19,950円
対応通信 WiMAX WiMAX
WiMAX2+
LTE
スマホ割引 なし auスマートバリューmine
対応端末 Aterm WM3800R
URoad-Aero
Mobile Slim
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
キャッシュバック 最大3万円 1万円前後

こんな人にWiMAXは向いている

wimax

WiMAXですが、こんな人に向いています。

外出先でインターネットをよく使う人

WiMAXの最大の特徴は、使いたい放題です。そのため、外出先で頻繁にインターネットを使う人に向いています。

LTEの場合は、どのサービスでも一定の通信料を超えると必ず通信制限がかかってしまいますが、WiMAXはどれだけ使っても通信制限はかかりません。

自宅の配線をすっきりさせたい人

電源だけあれば、WiMAXは接続できるわけですから、パソコン周辺の配線に辟易している人には、WiMAXはとてもお勧めです。

wimaxkoujifuyou

複数のデバイスで利用したい人

WiMAXは、どの端末も最大10台くらいまで複数の端末に接続して利用することができます。パソコン、タブレット、スマートフォンなど、最近は一人でも多くのデバイスを利用するようになっていますので、WiMAXはとても便利なサービスと言えるでしょう。

WiMAXを自宅で固定回線の代わりに使う場合の注意点

wimax

配線不要ですぐ使える。しかも下り最大40Mbpsの高速通信。

WiMAXの利便性を考えると
「もう自宅に光ファイバーなどの固定回線は必要ないのでは?」
と考える人も多いかもしれません。

しかし、WiMAXを自宅のメインの接続回線として利用する場合は、2点ほど注意が必要です。

注意点1:WiMAXの通信は屋内に弱い

実は、WiMAXの通信は、3GやLTE等と比べると、屋内に弱いという特徴を持っています。屋外であれば、実測で8~10Mbpsくらい出ていたところが、屋内に入った途端3-5Mbpsくらいになったり、通信できなくなったり、というのはよくあるは話です。

実際僕も、光ファイバーを引く前は、真剣にWiMAXをメイン回線として利用することを検討したのですが、ちょっと試してみたところ、窓際ギリギリにWiMAXを設置しないと速度が出ないことが分かり、そこが大きなマイナスポイントでした。

注意点2:ひかり電話が使えない

光ファイバーの各サービスの場合は、ひかり電話のサービスがオプションにあり、どのサービスでも普通の固定電話が利用できますが、WiMAXにはそのようなオプションサービスはありません。

最も、このご時世に固定電話なんているの?みたいな意見もあり、すべて携帯で済ませてしまう人も少なくありません。

しかし、子供が学校に通うようになると、必ず連絡網等で、電話番号を公表する必要があり、そんな時に固定電話を持っていないと、携帯の番号を記入せざるを得ません。

自分の携帯電話を公表してばらまくなんて、個人情報保護の観点からすると、絶対に避けたいところです。

もっとも、WiMAXであっても050+のようなサービスを申し込めば、固定電話に近いサービスを利用することができますが、こちらはスマホ等のアプリで、使い勝手を考えると微妙なところです。

WiMAX(ワイマックス)とは? サービス、エリア、プランについて

WiMAX(ワイマックス)は、UQコミュニケーションズが提供する、高速モバイル通信サービスです。大きく、WiMAXとWiMAX2+の二つの種類があります。

WiMAXは、もともとは、アメリカなど国土が広域のエリアで固定回線のインフラを提供するのが難しい場所でインターネット接続サービスを提供することを前提にサービスが開発されたもので、一つの基地局でより広いエリアをカバーできるという特徴があります。

こんなイメージです。

wimax-wifi-area

サービスの提供形態

主なサービス提供携帯はモバイルルータータイプです。WiMAX内臓PCや、対応スマートフォン等もありましたが、こちらは人気はいまいち、といったところでしょう。

uqwimax_90052_b

モバイルルータータイプとは、配線とかは不要で、基本的にはモバイルルーター端末に電源を入れて設定をすれば、インターネットに接続できる形のことです。インターネットに無線でつながるものであれば、パソコンでも、iPadのようなタブレットでも、スマートフォンでも、ゲーム機でもなんでも接続できる、とても便利なものです。

利用イメージはこんな感じ。

thumb_400_2_px400

WiMAXの対応エリアは?

WiMAXの対応エリアは、全国主要都市人口カバー率99%に達していますので、都市圏であれば日本全国どこでも利用できると考えてもよいでしょう。

eria_b

ただし、全国主要都市、というのがポイントで、田舎に行くと圏外になる可能性は高く、アウトドア等で利用するのはきつい場合が多いのではないかと思います。

自分のエリアがカバーされているかどうかは、こちらで調べることができます。
BIGLOBE WiMAX エリア検索

WiMAXのプランは?

WiMAXのプランは、大きく3種類に分かれています。

最低利用期間のない「Flat」、2段階低額の「Step」、そして最低利用期間はあるものの、月額が最も安い定額制の「Flat年間パスポート」です。

実際には、利用している人たちの9割以上は「Flat年間パスポート」を選択していますので、WiMAX=「Flat年間パスポート」と考えてもよいでしょう。

img_wimax08

WiMAX最大の特徴は、使いたい放題

WiMAX2+が出るまでは、WiMAXの代名詞ともなっていた使いたい放題。どれだけ使っても、完全定額です。

逆に言えば、LTEは4Gなど他のモバイルサービスは使いたい放題ではありません。一定の通信量を使うと、速度規制が入ってしまったり、利用ができなくなったりします。

その面、WiMAXはどれだけ使っても速度は変わらないわけで、利用する側からすると、安心感がありますね。

index_img_03

工事不要ですぐ使える

光ファイバーやADSLなど、固定回線との違いは、工事不要ですぐ使えて、配線も必要ない、ということです。

光ファイバーやADSLの場合、申し込んでから開通まで、なんだかんだで1ヶ月前後かかってしまいますが、WiMAXの場合は、端末が届けばすぐに利用開始できるわけで、とても便利です。

また、煩わしいパソコン周りのLAN線などのコード類からも完全に解放されていて、必要なものはWiMAXを充電するための電源だけです。

wimaxkoujifuyou

申し込みはどこで?

WiMAXの申込みは、サービスの提供元であるUQ WiMAX に直接申し込む方法と、提携している各プロバイダーから申し込む方法の2つがありますが、絶対に、各プロバイダーから申し込むようにしましょう。各プロバイダーから申し込んだ方が、絶対にお得です。

UQとプロバイダーはどのような関係にあるかというと、分かり易く説明すると、各プロバイダーはUQの代理店のような位置づけになっていて、各社、WiMAXを卸してもらい、ユーザーに提供しています。

どこで申し込んでも全く同じサービス。基本的には、キャンペーンでしか差がつきません。そのため、各社、仁義なきキャンペーン合戦を繰り広げていて、UQから直接申し込むよりも、はるかに条件よいキャンペーンで契約することができます。

So-net モバイル WiMAX
BIGLOBE WiMAX
@nifty WiMAX

絶対にお勧めできるフレッツのキャンペーン:フレッツ+WiMAXセット

プロバイダーのキャンペーン合戦は昔からずっと続いている訳ですが、時折、ひょんな拍子で、ものすごいキャンペーンが生まれることがあります。

それが、このフレッツ+WiMAXセットです。

これからフレッツを申し込もうとしている人、引っ越しをする予定の人は、絶対に検討に入れておくべきキャンペーンです。

フレッツ+WiMAXセットは、So-netとniftyが提供していますが、現時点では、So-netが頭2つくらい、キャンペーン条件が上回っています。

So-netのフレッツ+WiMAXセット

So-netのフレッツ+WiMAXセットは、簡単に説明すると、通常のフレッツのキャンペーンに、WiMAX1年無料をそのまんま+αで追加してしまった、出血大サービスキャンペーンになっています。

この追加されたWiMAXの1年無料がすごいのが、通常、この手のキャンペーンは、よく注意事項を読んでみると、最低利用期間が2年になっていて、2年目からは通常の月額が発生…、みたいなオチが多いのですが、WiMAXに関しては、完全に1年縛りのみになっています。

つまり、WiMAXに関しては、最初の契約更新月で解約してしまえば、1年間、何のリスクもなく完全無料で利用できてしまうのです!!

main_visual

特に、これから引越しシーズンに入っていくわけですが、引っ越しして固定回線が開通するまでは、数週間単位のブランク期間が発生する訳で、そんな時にこのサービスを申し込んでおけば、WiMAXを使いながら、ゆっくりとフレッツの開通を待てばよい訳です。

しかも、4万円分プレゼントや月額割引等の、フレッツの通常のキャンペーンは、そのままついてくるわけで、フレッツだけで申し込む人がいるなら、「え、なんでこのキャンペーン申し込まないの?理解不能!!」と叫んでしまいたくなるような内容です。

しつこうようですが、なんだかんだで、総額10万円近く得するスーパーなキャンペーンが、このSo-netのフレッツ+WiMAXセットなのです。

So-net フレッツ+WiMAXセット詳細はこちら

niftyのフレッツ+WiMAXセット

niftyのフレッツ+WiMAXセットは、キャッシュバック等の代わりにWiMAXが1年無料になる、というもので、この時点でSo-netと比べると4万円以上のキャンペーンのバリューが劣ってしまっています。以下、niftyの注意事項の抜粋です。

[適用条件]
※@nifty光ライフ with フレッツのほかのキャンペーン(キャッシュバックキャンペーン、お得なセット販売キャンペーンなど)と重複してお申し込みいただくことはできません。

ただし、niftyのフレッツ+WiMAXセットには、So-netにはない別のパターンが存在しています。

それは、現在WiMAXを利用している人が、フレッツを申し込む場合に申し込めるパターンです。


niftywimax

ただ、このキャンペーンは既にniftyでWiMAXを利用していて、さらにフレッツに申し込もう!というかなり狭い範囲の人を対象にしているため、実際にどれだけ該当する人がいるのか、不透明なところです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ