まずは料金とキャンペーンの全体像を抑えよう

複雑怪奇な光ファイバーやモバイルサービスの料金。

定価だけでも分かりにくいのに、さらにそこに、超複雑なキャンペーンが適用されると、一体、いつ、いくら支払うのか、誰にも理解することができません。

そこで、まずは料金とキャンペーンの全体像の解説からしてみたいと思います。

細かいことや例外はいろいろありますが、料金にしろ、キャンペーンにしろ、2×2のマトリックスで説明することができます。

まずは思い出して頂きたいのが、プロバイダーと回線事業者の関係です。下はフレッツの場合の例ですが、回線事業者とプロバイダーに分かれています。料金もキャンペーンも、まずは回線事業者とプロバイダーに分けることができます。

kaisen

料金は4つに分解できる

料金についてですが、料金はどんなサービスも、初期費用と月額費用に分けることができます。つまり、プロバイダーと回線事業者ごとに、初期費用と月額費用が発生します。

例えば、こんな項目が該当します。

初期費用 月額費用
プロバイダー  プロバイダー月額基本料金
回線事業者 契約料
初期工事費
 回線月額基本料金

キャンペーンも4つに分解できる

キャンペーンも同様に、4つに分類することができます。

特典というのは、キャッシュバックやポイント、タブレット等機器プレゼントなど、ワンショットで受け取れるもので、これは主にプロバイダーが提供しています。

月額割引は、プロバイダーと回線事業者両方が提供していて、●●ヶ月無料や、●●ヵ月間●●円引きのような形になります。

例えば、こんな項目が該当します。

特典 月額割引
プロバイダー キャッシュバックなど  プロバイダー月額割引
回線事業者  回線月額割引

重要なポイントは、プロバイダーが提供するキャンペーンは特典であっても、月額割引であっても、回線事業者から提供される支援金が原資になっていることです。各プロバイダーはキャンペーン合戦を続けているうちに、すっかり過熱してしまっていて、現在では、各社支援金はキャンペーンでほぼ使い切ってしまっている状態です。

また、回線のキャンペーンについては、どのプロバイダーでも共通しているため、ここではまったく差がつきません。差がつくのはプロバイダー側の特典と月額のキャンペーンになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ