特徴2.NUROは、無線LANもセキュリティも標準でついてくる

NUROの特徴の2つ目は、無線LANもセキュリティも標準装備という点です。

最大速度450Mbpsの無線LANが標準装備

光ファイバーサービスにおいて、無線LANが標準装備というのは、実は結構すごいことで、ありそうでなかったサービスと言えます。

h_price_01

回線と同時に申し込む場合、フレッツは、光ポータブルをオプションとして申し込む必要がありますし、auひかりでも、無線LAN対応のルーターを利用するためには、追加料金が必要です。それぞれ月額500円前後ですが、年間6,000円以上を追加料金として支払う必要があります。

もちろん、ビックカメラやヤマダ電機などに行けば、数千円で無線LANルーターを購入することができますが、ルーターに加え、電源やLANケーブルなどで、配線周りはぐちゃぐちゃになる可能性大です。

その点、NURO 光であれば、ルーターは専用ゲートウェイと一体化しているので、配線はすっきりしていますし、性能も高性能です。

使い方は簡単で、NURO 光開通後に、専用ゲートウェイの電源を入れると、無線の電波が発信されます。これを、iPhoneやiPadでキャッチして、パスワードを打ち込むだけです。

IMG_4346

パスワードは、ゲートウェイの側面に書いてあります。
IMG_3985

セキュリティソフトも標準装備

インターネットを利用する上で、必ずセットになるサービスがセキュリティソフト。

実は、フレッツ西日本など一部の光ファイバーのサービスでは、セキュリティソフトは無料でついている場合もありますが、パソコン1台分だけです。

img_04

しかし、NURO 光では、ロシアの誇る世界的なセキュリティソフトウェアである、カスペルスキー社のセキュリティソフトが、最大5台まで、これまた標準でついてくるのです。最近のセキュリティソフトは、かなり進化していて、Windowsだけでなく、MacやAndoroid端末も対応しています。特に、Andoroid系のOSを狙ったセキュリティ被害は結構深刻なので、5台分使えれば、パソコンはもちろん、個人で持っているタブレットやスマートフォンもしっかりと守ることができます。

このカスペルスキーマルチプラットフォームセキュリティは、通常年額5,000円程度かかりますので、かなりお得と言えます。

kaspersky



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ