WiMAX(ワイマックス)とは? サービス、エリア、プランについて

WiMAX(ワイマックス)は、UQコミュニケーションズが提供する、高速モバイル通信サービスです。大きく、WiMAXとWiMAX2+の二つの種類があります。

WiMAXは、もともとは、アメリカなど国土が広域のエリアで固定回線のインフラを提供するのが難しい場所でインターネット接続サービスを提供することを前提にサービスが開発されたもので、一つの基地局でより広いエリアをカバーできるという特徴があります。

こんなイメージです。

wimax-wifi-area

サービスの提供形態

主なサービス提供携帯はモバイルルータータイプです。WiMAX内臓PCや、対応スマートフォン等もありましたが、こちらは人気はいまいち、といったところでしょう。

uqwimax_90052_b

モバイルルータータイプとは、配線とかは不要で、基本的にはモバイルルーター端末に電源を入れて設定をすれば、インターネットに接続できる形のことです。インターネットに無線でつながるものであれば、パソコンでも、iPadのようなタブレットでも、スマートフォンでも、ゲーム機でもなんでも接続できる、とても便利なものです。

利用イメージはこんな感じ。

thumb_400_2_px400

WiMAXの対応エリアは?

WiMAXの対応エリアは、全国主要都市人口カバー率99%に達していますので、都市圏であれば日本全国どこでも利用できると考えてもよいでしょう。

eria_b

ただし、全国主要都市、というのがポイントで、田舎に行くと圏外になる可能性は高く、アウトドア等で利用するのはきつい場合が多いのではないかと思います。

自分のエリアがカバーされているかどうかは、こちらで調べることができます。
BIGLOBE WiMAX エリア検索

WiMAXのプランは?

WiMAXのプランは、大きく3種類に分かれています。

最低利用期間のない「Flat」、2段階低額の「Step」、そして最低利用期間はあるものの、月額が最も安い定額制の「Flat年間パスポート」です。

実際には、利用している人たちの9割以上は「Flat年間パスポート」を選択していますので、WiMAX=「Flat年間パスポート」と考えてもよいでしょう。

img_wimax08

WiMAX最大の特徴は、使いたい放題

WiMAX2+が出るまでは、WiMAXの代名詞ともなっていた使いたい放題。どれだけ使っても、完全定額です。

逆に言えば、LTEは4Gなど他のモバイルサービスは使いたい放題ではありません。一定の通信量を使うと、速度規制が入ってしまったり、利用ができなくなったりします。

その面、WiMAXはどれだけ使っても速度は変わらないわけで、利用する側からすると、安心感がありますね。

index_img_03

工事不要ですぐ使える

光ファイバーやADSLなど、固定回線との違いは、工事不要ですぐ使えて、配線も必要ない、ということです。

光ファイバーやADSLの場合、申し込んでから開通まで、なんだかんだで1ヶ月前後かかってしまいますが、WiMAXの場合は、端末が届けばすぐに利用開始できるわけで、とても便利です。

また、煩わしいパソコン周りのLAN線などのコード類からも完全に解放されていて、必要なものはWiMAXを充電するための電源だけです。

wimaxkoujifuyou

申し込みはどこで?

WiMAXの申込みは、サービスの提供元であるUQ WiMAX に直接申し込む方法と、提携している各プロバイダーから申し込む方法の2つがありますが、絶対に、各プロバイダーから申し込むようにしましょう。各プロバイダーから申し込んだ方が、絶対にお得です。

UQとプロバイダーはどのような関係にあるかというと、分かり易く説明すると、各プロバイダーはUQの代理店のような位置づけになっていて、各社、WiMAXを卸してもらい、ユーザーに提供しています。

どこで申し込んでも全く同じサービス。基本的には、キャンペーンでしか差がつきません。そのため、各社、仁義なきキャンペーン合戦を繰り広げていて、UQから直接申し込むよりも、はるかに条件よいキャンペーンで契約することができます。

So-net モバイル WiMAX
BIGLOBE WiMAX
@nifty WiMAX

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ