WiMAX2+対応エリアは東京近郊だけ

以下は、UQコミュニケーションズのエリア検索を使って調べてみた2014年1月時点のWiMAX2+の対応エリアですが、非常に狭いことが分かります。

2014年3月末まで、首都圏で、しかも東京近郊のエリアの人しか使えないのがWiMAX2+の現状です。となると、エリア外の人たちにとって、WiMAX2+を選択する意義は現状ほとんどありません。

あえて挙げるならば、KDDIのスマートフォン等を利用している人は、auスマートバリューmineが適用されて月額が安くなりますが、出てきたばかりの新しい端末に2年間も縛られるのと、通常のWiMAXはWiMAX2+よりも手厚いキャンペーンを各社提供していますので、判断が微妙なところです。(WiMAXとWiMAX2+の比較表はこちら

wimax2+area201401

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ